第30期竜王戦 七番勝負

羽生棋聖、史上初の「永世七冠」

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

竜王戦七番勝負に向けて抱負を語る渡辺明竜王(2017年9月15日、東京都渋谷区で)=高橋美穂撮影

インタビューに答える竜王戦挑戦者の羽生善治二冠(10月13日、東京都渋谷区の将棋会館で)=林陽一撮影

前夜祭で記念撮影に応じる渡辺竜王(左)と羽生棋聖(19日午後、東京都渋谷区で)=松田賢一撮影

公開対局で行われた第30期竜王戦七番勝負第1局(20日午前9時19分、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)=飯島啓太撮影

初手を指す羽生善治棋聖(20日午前9時、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)=飯島啓太撮影

渡辺明竜王(20日午前9時1分、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)=飯島啓太撮影

第30期竜王戦七番勝負第1局に臨む羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王(10月20日午前9時16分、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で)=飯島啓太撮影

対局室の様子を確認する渡辺竜王(右から2番目)と羽生棋聖(左)(10月27日、大船渡市で)

初手を指す渡辺竜王(右)と羽生棋聖(10月28日午前、大船渡市で)=徳山喜翔撮影

対局で使う駒を確かめる渡辺竜王(左)と羽生棋聖(11月3日、前橋市大手町の臨江閣で)=武田実沙子撮影

羽生棋聖(手前)に勝利し、感想戦で笑顔を見せる渡辺竜王(左)(11月5日、前橋市大手町の臨江閣で)=佐藤千紘撮影

大盤解説会に参加したファンの前で、対局を振り返る渡辺竜王(左)と羽生棋聖(中央)(11月5日、前橋市)

前夜祭で抱負を語る渡辺竜王(11月22日、新潟県三条市の嵐渓荘で)=平山一有撮影

前夜祭で意気込みを語る羽生棋聖(11月22日、三条市の嵐渓荘で)=平山一有撮影

感想戦で対局を振り返る渡辺竜王(左)と羽生棋聖(11月24日午後、三条市の嵐渓荘で)=沼田良宗撮影

対局前日、対局室を確認する羽生棋聖(左)と渡辺竜王(右から2人目)(12月3日午後4時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

前夜祭で記念撮影に納まる渡辺明竜王と羽生善治棋聖(右)(12月3日午後8時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

第5局で初手を指す羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王(12月4日午前9時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

立会人の青野九段(右下)に封じ手を渡す羽生棋聖。右上は渡辺竜王(12月4日午後6時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

立会人の青野照市九段(中央)が封じ手を開け、2日目の対局を開始した羽生善治棋聖(右)と渡辺明竜王(12月5日午前9時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

2日目の昼休後、対局を再開する羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王(12日5日午後1時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

渡辺明竜王(右)に勝利し、「永世竜王」と「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖(12月5日午後4時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

渡辺明竜王(左)に勝利し、「永世竜王」と「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖(12月5日午後4時、鹿児島県指宿市で)=中司雅信撮影

渡辺明竜王に勝利し、記者会見場に向かう羽生善治棋聖(12月5日午後5時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

「永世七冠」を達成し、記者会見で笑顔を見せる羽生善治新竜王(5日午後5時23分、鹿児島県指宿市で)=久保敏郎撮影

「永世七冠」達成から一夜明け、笑顔を見せる羽生善治竜王(6日午前8時16分、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

竜王就位式を前に、記者会見で握手する羽生善治竜王(右)と藤井聡太四段(16日午後5時20分、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

竜王推挙状を手にする羽生善治竜王(16日午後6時、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理の老川祥一(右)から竜王杯を受け取る羽生善治竜王(16日午後6時、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

竜王杯を手にする羽生善治竜王(16日午後6時、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

竜王杯を手にする羽生善治竜王(16日午後6時、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

竜王就位式で各組優勝と記念撮影に納まる羽生善治竜王(中央)。左端は6組優勝者の藤井聡太四段(16日午後6時、東京都渋谷区で)=佐々木紀明撮影

「永世七冠」達成から一夜明け、偉業を伝える新聞に目を通す羽生善治竜王(12月6日午前8時、鹿児島県指宿市で)=大原一郎撮影

【撮影】読売新聞・写真部【制作】読売新聞・メディア局
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます