第33期竜王戦七番勝負第1局

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 豊島将之竜王に羽生善治九段が挑戦する第33期竜王戦七番勝負第1局が10月9、10の両日、東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で行われている。竜虎が激突する本シリーズ、開幕局を制するのは、果たしてどちらか。

最高峰の戦い 豊島竜王VS羽生九段 竜王戦七番勝負第1局詳報はこちら

8日行われた検分と前夜祭

8日行われた検分と前夜祭

8日行われた検分

豊島将之竜王に羽生善治九段が挑む将棋の第33期竜王戦七番勝負。第1局が東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂 で9日、始まりました。

豊島将之竜王に羽生善治九段が挑む将棋の第33期竜王戦七番勝負。第1局は羽生九段の▲2四同角から、豊島竜王が長考に入る

豊島将之竜王と羽生善治 九段が激突する第33期竜王戦七番勝負は、第1局1日目から「ノーガードの殴り合い」のような急戦に!

”観る将”記者の舞台裏レポート。将棋めしの秘密に迫りました。 [観る将が行く]食事は将棋の“0手目”?

将棋担当記者曰く「対局中は表情豊か」という羽生九段。会場には両対局者の表情を捉える3台のカメラを設置しました。

23手目を前に熟考する羽生善治九段。

26手目を前に熟考する豊島将之竜王。

26手目を前に熟考する豊島将之竜王。

二日目。 開封された羽生九段の封じ手(▲2七同飛)です。

豊島将之竜王に羽生善治九段が挑む。2日目は、羽生九段の封じ手「▲2七同飛」から

2日目。対局場には3台のリモートカメラを設置し、対局中の表情を追っています。

2日目。対局場には3台のリモートカメラを設置し、対局中の表情を追っています。

2日目。長考の末、羽生善治九段は、37手目「▲6八香打」を指しました

2日目。昼食休憩を終え、対局が再開されました

2日目。昼食休憩を終え、対局が再開されました。

豊島将之竜王の△5七香で、羽生善治九段が投了。 両者居玉のまま攻め合う激戦となった第1局は52手で豊島竜王が勝利しました。

【撮影】読売新聞社写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます