第33期竜王戦七番勝負第4局

盤上の熱闘 鹿児島・指宿にて

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

豊島将之竜王(30)に羽生善治九段(50)が挑んでいる竜王戦七番勝負第4局は2020年11月27日まで2日間、鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で行われた。羽生九段の体調不良で2週間延期となった強豪対決。豊島竜王が3勝目を挙げて防衛に王手をかけるのか、羽生九段が復調してタイに戻すのか――。

対決前日

指宿市立今和泉小学校で開かれた歓迎会に出席した羽生九段。体調は回復したという<79>

歓迎会であいさつする豊島竜王<80>

子どもらの拍手を浴び、笑顔で歩く羽生九段<81>

歓迎会後、校庭を歩いた豊島竜王<82>

対局の会場となる指宿白水館で、検分を終えた両雄が一礼<83>

対局初日

豊島竜王が駒箱を開けた<84>

先手・豊島竜王、後手・羽生九段<85>

目薬をさす豊島竜王<86>

対局室に戻り、盤上に視線を突き刺す羽生九段<87>

両雄のおやつ。上段が午前で下段が午後、左が豊島竜王で右が羽生九段

両雄とも、鋭い眼光<88>

対局室に戻った豊島竜王。窓外の景色に一瞬、視線を投げた<89>

対局室の窓からは、錦江湾を一望できる

昼食メニュー説明のため、指宿白水館和食調理部の副部長が登場した。左が羽生九段の黒豚カツカレーで、右は豊島竜王の寿司

羽生九段の厳しい表情<90>

長考に沈む両雄。午後は、こんな場面が増えた<91>

豊島竜王の封じ手が入った封筒にサインする羽生九段<92>

封じ手の入った封筒を、豊島竜王が立会人の藤井猛九段に渡した<93>

対局2日目

両雄の前で、立会人が豊島竜王の封じ手を読み上げた<94>

初日以上に激しい攻防となった<95>

考えを深める羽生九段<96>

2日目のおやつ。左から、午前の豊島竜王、羽生九段。午後の豊島竜王、羽生九段

大盤解説会では(左から)佐々木勇気七段、藤井猛九段、貞升南女流初段らが登場し、局面を解説した<97>

大盤解説の会場は将棋ファンの熱気に満ちた<98>

顔をふく豊島竜王<99>

飲み物をとりつつ考える羽生九段<100>

2日目の昼食。左が豊島竜王、右が羽生九段

昼食後、対局室へ戻る豊島竜王。勝負は佳境に差し掛かった<101>

羽生九段も対局室へ<102>

戦いを優位に進めてきた豊島竜王。終盤、指す手つきから勝利への自信がにじむ<103>

113手までで羽生九段が投了。豊島竜王がシリーズ3勝目を挙げ、タイトル防衛に王手をかけた<104>

感想戦で対局を振り返る豊島竜王。タイトル通算100期を狙う羽生九段は、後がなくなった<105>

ところで、指宿名物といえば…
砂むし温泉

羽生九段は初日の前夜に訪れ、英気を養っていた<106>

豊島竜王は対局後に足を運び、熱闘の疲れを癒した<107>

次局は12月5、6日に予定されている

【撮影】若杉和希・読売新聞写真部
【編集】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます