巨人・坂本勇人

2000安打は通過点

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

通算2000本目の安打を放つ巨人の坂本勇人。東京ドームでのヤクルト戦、第1打席に左翼線へ二塁打を放った

一塁ベースを駆け抜けようとする坂本。背後でベンチの仲間が大喜び

記録達成を祝福するパネルを差し上げて喜ぶ

キラキラした目で打席に入る。はつらつと、しなやかにバットを振りぬく。巨人の内野手・坂本勇人は、31歳10か月。プロ野球史上2位の若さで通算2000安打を達成した。大記録ながら、彼にとっては通過点だ。(2020年11月8日公開)

対戦相手のヤクルトからも偉業をたたえられた。山田哲人から祝福の花束を受け取る

2020年のセ・リーグ優勝を決めた10月30日、原辰徳監督(中央)らと記者会見した。この日のヤクルト戦では通算1996本目の安打も放った

2006年、青森・光星学院(現・八戸学院光星)高から入団。07年シーズンのデビュー以来、巨人一筋で輝き続けてきた。若きレジェンドのこれまでを振り返る。

巨人からドラフト1巡目で指名され、高校のチームメートたちに胴上げされた

06年12月、同期入団する新人たちが、スーツ姿の原監督を囲んで記念撮影。前列右が坂本

新人合同自主トレで守備練習(2007年1月、ジャイアンツ球場の室内練習場)

プロ入り1本目のヒットは07年9月6日、代打出場したナゴヤドームでの中日戦。決勝の2点タイムリーで、鮮烈な印象を残した

ヒーローインタビューで、にっこり

2年目の08年からレギュラーに定着。プロ1号本塁打は満塁弾だった(4月6日、東京ドームでの阪神戦)

給食着に着替えて配膳を手伝い、都内の小学生と触れ合う。奥は阿部慎之助捕手(08年5月)

「サマービジターユニホーム」のお披露目で、モデルを務めた(08年5月)

09年7月8日の横浜戦でサヨナラ本塁打、歓喜するナインに迎えられる

09年のプロ3年目はチームが日本一に輝き、自身も初めて打率3割を記録。銀座での優勝パレードでファンの声援にこたえる(09年11月22日)

ジャイアンツファンフェスタで仮装競走。左は内海哲也投手(09年11月)

10年9月21日、サヨナラ本塁打にガッツポーズ。この一発で、初めて年間30本塁打をマークした

11年2月、沖縄での春季キャンプで原監督のノックを受け、打球に飛びつく

11年5月、仙台市で東日本大震災の被災地の子どもたちと交流

12年の日本シリーズ優勝パレードで。この年は最多安打のタイトルを獲得し、日本代表にもデビューした

13年6月、ソフトバンクとの交流戦、きれいなスライディングで本塁生還。走力も一級品

1000安打は8季目の14年に達成。5月20日、西武との交流戦で初回に安打を放った

25歳5か月での1000安打は史上3位タイの若さ

15年2月、宮崎での春季キャンプで、視察に訪れた松井秀喜さんと対話。このシーズンから巨人のキャプテンになった

15年8月20日、阪神戦でサヨナラ打を放ち、仲間から水をかけられて祝福された。このシーズンは4番に入った試合も

16年9月、DeNA戦の先制ソロで通算150本塁打を達成。この年、初めて首位打者を獲得した

11月28日、プロ野球「NPBアワーズ」セ・リーグ打者部門、首位打者賞を授賞する(都内ホテルで)

17年3月、日本代表の主力として出場したWBCで軽快なフィールディングを披露。この大会は、打撃も好調だった

通算1500安打は17年7月9日、甲子園での阪神戦で。28歳6か月、史上2番目の若さで達成した

18年6月9日、西武との交流戦で逆転3ランを放ち、ベンチに微笑む。このシーズンは3割4分5厘の高打率だった

19年5月1日、日本プロ野球の「令和1号」となる本塁打を中日戦で放った

完投でチームで令和初の勝利投手となったエース菅野智之と並んで喜ぶ

19年5月12日、ヤクルト戦1回、安打を放ち、開幕から36試合連続出塁のセ・リーグ新記録を達成した(東京ドームで)

2019年5月29日、甲子園での阪神戦で、3回に通算200本塁打を達成し、花束を手にする。この年は40本塁打を記録した

20年2月、沖縄での春季キャンプ最終日に手締めの音頭をとった。この後、シーズン開幕はコロナ禍で6月までずれ込んだ

20年6月19日、開幕戦で生還。コロナ対策でタッチをせずに仲間と喜ぶ。自身も開幕直前に感染歴が判明するなど、困難な開幕となった

20年9月9日、ナゴヤドームでの中日戦で1試合3本塁打と打ちまくった

2001本目は本塁打だった。野球ファンの記憶に残るヒットを、今後も数えきれないほど打ち続けてくれるはずだ

【撮影】読売新聞写真部
【編集】読売新聞配信部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます