巨人・阿部慎之助 引退へ

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

2000年4月、中央大時代、対青山学院大戦で、送りバントを処理する阿部(神宮球場で)

対青山学院大戦、強烈なライナーを放つ(神宮球場で)

2000年11月17日、ドラフト会議で、巨人に1位指名され、仲間に胴上げされる(東京都八王子市の中央大学で)

2000年12月8日、巨人の新入団選手発表会であいさつする。左端は長嶋茂雄監督(都内のホテルで)

長嶋茂雄監督(中央)とともに来季の活躍を誓う阿部(手前右)(都内のホテルで)

2001年1月2日、自主トレを開始し、笑顔を見せる(千葉県浦安市運動公園で)

キャッチボールで汗を流す

2001年開幕戦の3月30日、対阪神 2回1死2、3塁、プロ初打席で走者一掃の2塁打を放つ(東京ドームで)

開幕戦で活躍し、お立ち台でファンに手を振る(東京ドームで)

2001年4月13日、対横浜戦 5回裏、プロ入り初ホームランを放つ(東京ドームで)

2002年8月11日、対広島 10回、プロ入り初となるサヨナラホームランを放ち、飛び上がってガッツポーズ(東京ドームで)

2002年10月30日、日本シリーズ第4戦 西武を相手に4連勝。優勝を決め、河原投手と抱き合う(西武ドームで)

2004年4月29日、対ヤクルト戦 9回、この日2本目のホームランを放ち、月間16本のプロ野球記録に並ぶ(神宮球場で)

2007年6月9日、対楽天戦で初めて4番として先発出場。1回、初打席の初球で先制2ランホームランを放つ。この日2本塁打5打点(東京ドームで)

2009年3月23日、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝、対韓国戦で勝利し、連覇を決めた。マウンドに駆け寄る輪に加わる(米ロサンゼルスのドジャースタジアムで)

2009年11月17日、WBCで優勝した日本代表の祝勝会「SAMURAI JAPAN表彰式」で、原辰徳監督(左)からチャンピオンリングを受け取る

2011年7月20日、対中日戦 10回1死満塁、サヨナラ打を放ち、ナインの祝福を受ける(ハードオフ新潟で)

2012年8月19日、対広島戦 9回無死、サヨナラ本塁打を放ちナインに迎えられる(東京ドームで)

2012年9月21日、ヤクルトに勝利して優勝を決める(東京ドームで)。自身5度目となるリーグ優勝。この年、首位打者と打点王に輝き、最優秀選手に

2012年10月22日、セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージで中日を下して、日本シリーズ進出を決める。原監督からねぎらいを受ける(東京ドームで)

2012年11月3日、日本シリーズ第6戦 日ハムを破り日本一に。ペナントを持って原監督(右)らとともに場内を一周する(東京ドームで)

2015年2月14日、巨人キャンプを視察し、阿部の打撃練習を見る長嶋茂雄・終身名誉監督(宮崎県総合運動公園で)

2017年8月26日、プロ野球通算2000安打を達成し、長嶋茂雄終身名誉監督(左)から名球会のブレザーを贈られ、握手を交わす(東京ドームで)

2019年2月の春季キャンプで、5年ぶりのセ・リーグ優勝と7年ぶりの日本一を目指し、始動した阿部(宮崎県総合運動公園で)

春季キャンプで打撃練習をする(2019年2月2日)

2019年6月1日、対中日戦 6回、通算400号となる勝ち越し本塁打を放つ(東京ドームで)

通算400号本塁打を記録、ヒーローインタビューで笑顔を見せる

2019年9月21日、5年ぶりのリーグ優勝を決め歓喜の輪に加わる

東京ドームでの2019年レギュラーシーズン最終戦となる9月27日、対DeNA戦で4番・捕手で先発出場。4季ぶりにマスクをかぶった。試合を前に、坂本勇とグータッチ

4回1死、阿部が同点ソロを放つ(東京ドームで)

8回の守備を前に交代、歓声に応える

優勝ペナントを手に、原監督らと場内を一周

【撮影】読売新聞写真部
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます