鉄フォト 

のと鉄道(石川県)

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

石川県の能登半島を走るのと鉄道。全長33.1キロに8つの駅があります。沿線は桜が見頃を迎え、随所で春の美しい風景に出合うことができました。=読売新聞東京写真部 鈴木毅彦撮影
(2022年5月2日公開)

起点の七尾駅

七尾駅に停車中

田鶴浜駅

田鶴浜-笠師保駅間

笠師保駅

ホームの桜並木が美しい

笠師保-能登中島駅間

笠師保-能登中島駅間

能登中島駅

駅構内で保存されている青い車両

鉄道郵便車「オユ10」

かつて全国に郵便物などを運んでいた

能登中島-西岸駅間

満開の桜が列車を出迎える

七尾湾を見下ろす

西岸駅を発車

西岸駅

風情のある木造の駅舎

西岸-能登鹿島駅間

能登鹿島駅

「桜のトンネル」で有名

夜間はライトアップされる

終点、穴水駅に到着

0番線には懐かしい車両が

撮影:東京本社写真部・鈴木毅彦
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます