東京2020オリンピック

聖火リレーハイライト広島、岡山

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞
 東京五輪の聖火リレーが5月17、18日、広島県内で行わ れた。新型コロナウイルスの感染拡大で公道でのリレーが中止 となり、17日は広島市中区の平和記念公園で代替行事として 点火式を無観客で実施。聖火ランナーたちは「トーチキス」で 聖火をつないだ。18日は福山市総合体育館に隣接する周回コ ースで行われた。19、20日には岡山県内で同様に公道での リレーが中止となり、19日は代替の式典が岡山市の岡山城下 の段で、20日は津山市の津山中央公園グラウンドで開催され た。 (2021年5月20日公開)

1964年東京五輪の開会式で聖火台に点火する最終ランナーを務めた坂井義則さん(69歳で死去)の弟、孝之さんは、この日の最初にトーチキスを行う大役を担った(17日)=金沢修撮影
・坂井義則さんの写真はこちら

2018年7月の西日本豪雨で、地元が甚大な被害を受けた広島県坂町立坂中3年の山下蒼太君(左)と広島大1年の垣井萌花さんは、復興を願いつつ、点火式に臨んだ(17日)

「トーチキス」で聖火をつなぐランナーたち(17日)=金沢修撮影

蒲生啓明さんは、筋肉が発する微弱な電気信号で作動する「筋電義手」を装着した左手を添えてトーチを掲げ、聖火をつないだ(17日)

6歳の時に原爆で姉を失い、自らも被爆した広島市安佐南区の梶矢文昭さん(左)は、1964年東京五輪の柔道軽量級金メダリストの中谷雄英さん(右)から聖火を引き継いだ(17日)=金沢修撮影

この日、最後に聖火を受け取った広島東洋カープの元選手の新井貴浩さん(17日)=代表撮影

5月18日 広島県海田町出身で広島東洋カープの元選手の大下剛史さん。1998年の長野冬季五輪でも聖火ランナーを務めた。「海田町で出来なかったのは残念だが、広島を走れてよかった。日本国民全体でオリンピック開催を盛り上げていきたい」と話した=金沢修撮影

股関節の骨が壊死(えし)する「ペルテス病」を患った福山大3年浜田真太朗さん(中央)。母の千恵子さん(右)は本人に内緒で聖火ランナーに応募した。この日は「希望の光」と書いた横断幕を用意した(18日)

尾道市木ノ庄町の森日奈野さんはダウン症で、小学1年の頃に知的障害者のスポーツ「スペシャルオリンピックス」の陸上競技を始めた。聖火ランナーに決まると母・由紀さんが鉄パイプでトーチを作り、運動場などで練習して、この日に備えた(18日)=金沢修撮影

元陸上選手で世界選手権400メートル障害銅メダリストの為末大さん。広島県2日目の最終走者を務めた(18日)=代表撮影

5月19日 公道での聖火リレーが中止され、岡山城で行われた点火セレモニー=前田尚紀撮影

西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町の川辺小学校の校長を最後に、今春、38年間の教師生活を終えた本多卓郎さん。左は応援する妻の理恵さん(19日)

先天性の難病で母親から臓器移植を受けるなど、これまで3回の大きな手術を乗り越えた岡山県立倉敷まきび支援学校高等部3年の真賀里雛さん。「治療してくれた先生や看護師さん、学校の先生など、お世話になった皆さんに元気な姿を見せたい」と式典に参加した(19日)

バンクーバー五輪男子フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さん(左)は長尾隆史さん(右)に聖火を引き継いだ。長尾さんは1980年のモスクワ五輪陸上競技の日本代表だったが日本を含む西側諸国がボイコットしたため、夢の舞台には立てなかった。第二の人生は選手を育成する道へ。トップ選手の練習拠点となる味の素ナショナルトレーニングセンターの設立にも関わった(19日)=前田尚紀撮影

プロ野球・読売巨人軍OBで「バントの神様」と呼ばれた川相昌弘さん(19日)=代表撮影

ロサンゼルス五輪男子体操で金メダルを獲得した森末慎二さん(19日)

5月20日 大雨によりぬかるんだグラウンドで行われた式典=前田尚紀撮影

岡山県西粟倉村出身の距離スキー選手・新田佳浩さん。冬季パラリンピックに1998年の長野から6大会連続で出場し、2018年平昌大会の10キロクラシカル(立位)で金メダルに輝くなど、これまでに計五つのメダルを獲得している。来年の北京大会への出場も目指す(20日)=前田尚紀撮影

西日本豪雨で大規模な浸水被害を受けた倉敷市真備町で、30年以上歯科医院を営む水川正弘さん。復興途上の町を思い、トーチを掲げた(20日)=前田尚紀撮影

父を太平洋戦争で亡くした岡山県勝央町の植月佐広さんは、平和の祭典に参加できた喜びをかみしめながら、しっかりした足取りでトーチを運んだ(20日)=前田尚紀撮影

岡山県和気町で消防団第3分団長を務める吉房誠治さんは、団の合言葉「安全・安心・共助」の思いとともに、点火式に臨んだ(20日)=前田尚紀撮影

進行性の目の難病「網膜色素変性症」を患い、視力は自分の指の動きがかろうじて見える程度という岡山県津山市の奥西敦子さん(左)。中学3年の孫の叶夢(かなむ)さん(右)とともに式典に参加し、笑顔で聖火をつないだ(20日)=前田尚紀撮影

【撮影】読売新聞写真部、地方部、代表取材班
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます