東京2020オリンピック

聖火リレーハイライト神奈川

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

東京オリンピックの聖火リレーは、神奈川県内で6月28~30日に予定されていたが、公道走行は中止され、代替イベントが行われた。1日目は藤沢市の辻堂神台公園で、2日目は相模原市の橋本公園で、最終日は横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で、聖火をつないだ。
(2021年7月1日公開)

6月28日 ロス五輪体操金メダリストの具志堅幸司さん=川口正峰撮影

パティシエ・鎧塚俊彦さんは前走者から聖火を受け取ると笑顔を見せた(28日)

一輪車の世界大会で優勝した経験を持つ佐藤彩香さん。緊張した面持ちだったが、聖火を引き継ぐと一転、満面の笑みになった(28日)=川口正峰撮影

タレント・つるの剛士さん(28日)=川口正峰撮影

6月29日 おもちゃ収集家の北原照久さん=代表撮影

東海大OBで「DA PUMP」メンバーのKENZOさん。トーチを片手にヒット曲「U.S.A.」のダンスを披露し、会場を沸かせた。「いろんな人が笑顔になっていて愛があると感じた。この場所にいられたことに感謝している」(29日)=川口正峰撮影

小惑星リュウグウの石や砂を地球に持ち帰った探査機「はやぶさ2」のイオンエンジンの開発に携わったJAXA宇宙科学研究所助教の月崎竜童さん。箱根駅伝の予選会にも出場したランナー。「宇宙開発と同様に総合力が問われており、日本だからこそ五輪が開催できたと世界で思ってもらえたら」と成功を祈った(29日)=川口正峰撮影

6月30日 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーのうち神奈川出身の3人=代表撮影

横浜DeNAベイスターズ前監督のアレックス・ラミレスさんは「侍ジャパン、頑張ってください。応援します」と野球競技の日本代表にエールを送った(30日)=代表撮影

タレント・高橋みなみさん。「AKB48時代にライブをやった横浜。縁を感じる」と笑顔で語った(30日)=代表撮影

横浜出身のタレント・出川哲朗さん(30日)=代表撮影

横浜生まれの女優・草笛光子さん(30日)=代表撮影

横浜市港北区育ちの俳優・谷原章介さん(30日)=代表撮影

トーチを持って走るEXILEのÜSAさん(30日)=川口正峰撮影

ステージ上で手を振るÜSAさん(左)、石原さとみさん(右)ら(30日)=川口正峰撮影

ÜSAさんが聖火皿に点火すると、会場で見守る走者たちから大きな拍手が送られた。ÜSAさんは「ゴールの東京まで、一人でも多くの人たちの心を明るく照らす聖火リレーになることを願っている」と語った(30日)=川口正峰撮影

【撮影】読売新聞写真部、地方部、代表取材班
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます