東京2020オリンピック

聖火リレーハイライト東京

読売新聞オンライン
制作・著作 読売新聞

 東京五輪の聖火リレーが7月9日、開催地の東京都内で始まった。新型コロナウイルスの影響で、島を除いて公道での走行は中止されたが、各地の特設会場では、走者が隣の人のトーチに火を移す「トーチキス」が行われる。都内の聖火リレーは15日間の予定で、各地でセレモニーが開かれた後、23日に国立競技場(新宿区)で行われる開会式で点火される。
(2021年7月10日公開、随時更新します)

7月9日 東京で聖火リレーが始まり、第1走者で元プロテニス選手の松岡修造さん(左)がトーチキスで聖火をつないだ(東京都町田市の特設会場で)=米山要撮影

「57年前を思い出しながら臨んだ。延期になったが、2度目の五輪を楽しみにしていた」。64年大会で日本選手団の主将を務め、体操の男子団体総合で金メダルに輝いた小野喬さん(89)は、聖火がともされたトーチを力強く掲げた後、そう語った(9日)=代表撮影

2004年のアテネ五輪体操男子団体総合金メダリストの米田功さんも登場した。聖火をトーチで受け取ると、両手を大きく広げてVサインをし、最後に体操の着地のようなポーズを見せた(9日)=米山要撮影

俳優の山田孝之さん(9日)=代表撮影

トーチキスには、アテネ五輪の野球銅メダリストで、元巨人軍投手の上原浩治さんも参加した(9日)=代表撮影

7月10日 幕末を駆け抜けた新選組の副長・土方歳三(1835~69年)の親族として、土方歳三資料館館長を務める土方愛さん。歳三の生家がある地元・日野市への感謝を込めてトーチを掲げた(東京都八王子市の富士森公園東側駐車場で)=高橋美帆撮影

バルセロナ五輪の柔道男子で金メダルを獲得した吉田秀彦さん(10日)=代表撮影

北京五輪、リオデジャネイロ五輪の柔道女子で、銅メダルを獲得した中村美里さんが聖火皿に点火した(10日)=高橋美帆撮影

7月11日 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅さん( 東京都瑞穂町の瑞穂ビューパーク競技場で)=代表撮影

7月12日 元五輪カヌー代表の笹本弘子さん。バルセロナ、アトランタ五輪にカヌー競技で出場し、現在は羽村市東京オリンピック・パラリンピック準備室に勤務する(東京都立川市のTACHIKAWA STAGE GARDENで)=川口正峰撮影

これまでパラリンピックで四つの銀メダル、一つの銅メダルを獲得したチェアスキー選手の森井大輝さん(12日)=川口正峰撮影

7月13日 タレントの佐々木健介さん(左)は、トーチに火がつくとガッツポーズで笑顔を見せた。その8人後に、妻の北斗晶さん(右)も満面の笑みで登場。トーチを手にしながら関係者らに手を振った(東京都東村山市の国立ハンセン病療養所「多磨全生園」)=代表撮影

昨年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったコメディアンの志村けんさんの兄、志村知之さん。トーチを手に、志村けんさんの定番ギャグ「アイーン」のポーズを取り、会場を沸かせた(13日)=代表撮影

この日の会場となった東村山市の「多磨全生園」の入所者、平沢保治さん(94)は最終ランナーとして車いすに乗って登場した(13日)

7月14日 タレントの林修さん(東京都府中市の東京競馬場で)=代表撮影

モスクワ五輪のアーチェリー代表だった岡崎芳子さん。高々と掲げたトーチにともる聖火を感慨深く見つめた(14日)=代表撮影

タレントのパトリック・ハーランさん(14日)=代表撮影

騎手の藤田菜七子さん(14日)=代表撮影

女優の土屋太鳳さん(14日)=代表撮影

トーチを手に笑顔を見せる土屋太鳳さん(右)と藤田菜七子さん(14日)=米山要撮影

7月15日 東京都内で初となる公道走行の聖火リレーが行われ、沿道の人に手を振るランナー(東京・三宅島で)=高橋美帆撮影

三宅中2年の山本 璃乙りお さん(右)がリレーの終着点に到着すると、島内の「 神着かみつき 郷土芸能保存会」のメンバーが太鼓を打ち鳴らした。山本さんも、2歳の頃からバチを握ってきたメンバーの一人だ。「太鼓は日常生活の一部だと思う。この島の魅力を全国の人に知ってほしい」と語った(15日、東京・三宅島で)=高橋美帆撮影

2012年ロンドン五輪と16年のリオデジャネイロ五輪の新体操元日本代表・畠山愛理さん(15日、東京・式根島で)=代表撮影

伊豆大島では、島内で新型コロナウイルスの感染が拡大したことを理由に中止となり、代替セレモニーとして隣の人にトーチで火を移す「トーチキス」が行われた(15日)=代表撮影

7月16日 東京都小笠原村の父島で行われた聖火リレーで、海沿いを走るランナー=代表撮影

東京都小笠原村の母島で行われた聖火リレー(16日)=代表撮影

(左から)サッカー解説者の松木安太郎さん、バレーボール元日本代表の木村沙織さん、タレントの片瀬那奈さん(16日、東京都武蔵野市で)=代表撮影

7月17日 「トーチキス」が行われる会場となった東京都練馬区の区立練馬総合運動場公園周辺には、多くの警官らが警戒にあたっていた

フェンス越しに会場内の様子を見る人たち(17日、東京都練馬区で)

タレントの中川翔子さん(17日、東京都練馬区で)=米山要撮影

7月18日 トーチエンブレム(写真右下)の金型の原型彫刻を担った佐藤英夫さん(東京都中央卸売市場足立市場で)=代表撮影

7月19日 1960年ローマ五輪の競泳で銅メダルを獲得した竹宇治(旧姓・田中)聡子さん。しっかりと握ったトーチで次のランナーに炎を渡し、笑顔を見せた(東京都荒川区の南千住野球場で)=代表撮影

バレーボール女子元日本代表の大山加奈さん(19日)=代表撮影

7月20日 落語家の林家三平さんは聖火をトーチにともすと、右手を額にかざして父親譲りの「どうもすいません」のポーズを決めた(東京都中央区の区立浜町公園で)=米山要撮影

美術家の 野老(ところ)朝雄さん。自身が手がけた「組市松紋」が東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムに採用された。3種類の四角形45個が点で接するデザインで、国や文化・思想の違いを超えてつながり合うという「多様性と調和」の理念を込めた(20日)=米山要撮影

7月21日 1964年の前回東京五輪で、聖火台に火をともした最終ランナー坂井義則さんの「控え走者」だった落合三泰さん(74)。あれから57年。自らの手でつかんだトーチを高々と掲げ、万感の思いで聖火を見上げた(東京都品川区のしながわ中央公園で)=米山要撮影

7月22日 プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督。点火セレモニーでほかの走者とトーチを交わし、「金メダルまで届け」との願いを込めてスイングのポーズも披露した(東京都港区の区立芝公園で)‖川口正峰撮影

7月23日 聖火リレー到着式で聖火皿に点火し、ポーズをとる(左から)中村勘九郎さん、小池百合子都知事、JOCの山下泰裕会長=早坂洋祐撮影

【撮影】読売新聞写真部、社会部、代表取材班
  読売新聞オンライン
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.