W杯ロシア大会

セネガル戦ハイライト

 
YOMIURI ONLINE 読売プレミアム
制作・著作 読売新聞

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会は、ロシア・エカテリンブルクで、グループリーグH組の日本がセネガルと日本時間25日午前0時から対戦。日本は2-2で引き分け、勝ち点を4とした。
 セネガルは11分、マネのゴールで先制。日本は34分、乾のシュートで同点に追いつき、前半を1-1で折り返した。セネガルは71分、ワゲが右足で押し込んで再び1点リードしたが、日本は78分、本田のゴールで再度追いついた。

セネガル戦を前に盛り上がる日本のサポーターたち(24日)= 稲垣政則撮影

スタンドで応援する日本(手前)とセネガル(奥)のサポーターら(24日)=宇那木健一撮影

11分、先制ゴールを決め、喜ぶマネ(左端)。右端はGK川島(24日)=宇那木健一撮影

11分、先制ゴールを決められ、厳しい表情の(右から)昌子、長谷部、柴崎、川島、吉田(24日)=三浦邦彦撮影

前半、セネガルゴール前で懸命にボールをキープする大迫(24日)=三浦邦彦撮影

前半、ゴール前で必死に守る柴崎(中央)ら(24日)=稲垣政則撮影

前半、ニャン(手前)と競り合ってボールをクリアする昌子。右奥は吉田(24日)=稲垣政則撮影

34分、同点のゴールを決める乾(右)(24日)=宇那木健一撮影

34分、同点ゴールを決めて喜ぶ乾(右)(24日)=三浦邦彦撮影

34分、同点ゴールを決め、喜ぶ乾(手前)(24日)=稲垣政則撮影

34分、同点ゴールを決め、喜ぶ乾(中央)、長友(左)(24日)=宇那木健一撮影

34分、同点のゴールを決めた乾に集まって喜ぶ日本選手ら(24日)=宇那木健一撮影

前半、競り合いながらボールをキープする柴崎(中央)(24日)=三浦邦彦撮影

後半、激しく競り合う原口(中央)(24日)=三浦邦彦撮影

後半、マネ(左)のボールをカットする原口(右手前)と酒井宏樹(24日)=稲垣政則撮影

後半、P・ヌジャイ(中央)の激しいチェックに倒される長谷部(24日)=三浦邦彦撮影

後半、決定的なチャンスで大迫(中央)がシュートを打てず(24日)=宇那木健一撮影

後半、チャンスにゴールを決められず、悔しがる大迫(24日)=三浦邦彦撮影

後半、ニャンの肘が顔面に当たり、流血した長谷部(24日)=宇那木健一撮影

71分、ワゲ(右端)の勝ち越しゴールが決まり、ぼうぜんとするGK川島(左端)ら(24日)=稲垣政則撮影

78分、同点ゴールを決める本田④(24日)=稲垣政則撮影

78分、本田が同点ゴールを決める(24日)=三浦邦彦撮影

78分、同点ゴールを決め笑顔の本田(中央)と抱きつく大迫(左は柴崎)(24日)=三浦邦彦撮影

78分、同点ゴールを決め、長谷部(右から2人目)らに祝福される本田(右端)(24日)=稲垣政則撮影

同点ゴールを決め、岡崎(右)と敬礼ポーズする本田(24日)=宇那木健一撮影

試合終了後、スタンドのサポーターの声援に応える本田(24日)=宇那木健一撮影

セネガルと引き分けた日本代表に声援を送るサポーターら(24日)=三浦邦彦撮影

日本代表の引き分けで盛り上がるサポーターら(25日午前2時18分、東京都渋谷区で)=大石健登撮影

【撮影】読売新聞写真部【制作】読売新聞メディア局編集部
YOMIURI ONLINE  読売プレミアム
Copyright (C) The Yomiuri Shimbun.
今回取り上げた写真の一部は、「よみうり報知写真館」で購入できます