文字サイズ

    「線状降水帯」68回発生…総雨量を押し上げる

     日本気象協会は12日、西日本に記録的豪雨をもたらした梅雨前線に伴い、積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」が全国で計68回発生したとする分析結果を発表した。広島県や福岡県では、複数の線状降水帯が同じ場所で重なって発生しており、総雨量を押し上げる原因となった。

     同協会は国土交通省国土技術政策総合研究所と共同で、〈1〉2時間の降水量が50ミリ以上の連続した領域〈2〉長さが50キロ以上〈3〉領域内での雨が降った面積が50%以上――など、線状降水帯と見なせる条件を定め、雨量データを用いて判定した。今年6月28日から7月8日の間に、条件を満たす降水帯が61回、わずかに条件を満たさないものの、ほぼ線状降水帯と見なせるものが7回あった。

    (ここまで314文字 / 残り136文字)
    2018年07月12日 21時44分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集