文字サイズ

    ペルセウス座流星群、1時間に40個…12日夜

     3大流星群の一つで、夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日早朝にかけて見頃を迎える。国立天文台によると、天気が良ければ、最も多い時で1時間あたり約40個の流星を観察できるという。

     流星は12日午後9時過ぎから見えやすくなる。流星が現れる起点となる「放射点」は北東の空にあり、日本で見える流星の数は、13日の夜明け前に最も多くなる。11日や13日の夜も、1時間あたり約20個の流星を観察できるという。

     国立天文台のあがた秀彦・普及室長は「今年は月明かりの影響がほとんどないため観察しやすい。流星はどの方角にも現れるため、空を広く見渡すのがポイント」と話している。

     国立天文台では、インターネットを通じて流星の見えた数などを報告してもらう企画を行う。

    2018年08月10日 07時47分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP