文字サイズ

    会場爆笑、自ら肛門に内視鏡でイグ・ノーベル賞

    • イグ・ノーベル賞の授賞式で大腸内視鏡を自分に挿入する手法を模擬する堀内さん(マサチューセッツ州ケンブリッジで)=三井誠撮影
      イグ・ノーベル賞の授賞式で大腸内視鏡を自分に挿入する手法を模擬する堀内さん(マサチューセッツ州ケンブリッジで)=三井誠撮影

     【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=三井誠】自分自身に大腸内視鏡を挿入して検査した昭和伊南総合病院(長野県駒ヶ根市)の堀内朗・内科診療部長(57)が13日、人々を笑わせる真面目な研究を表彰する米国の「イグ・ノーベル賞」の医学教育賞を受賞した。

     日本の研究者のイグ・ノーベル賞受賞は2007年から12年連続。米ハーバード大での授賞式に参加した堀内さんが、壇上で自分の肛門に内視鏡を入れる方法を模擬して紹介すると、場内は爆笑に包まれた。

     同賞主催者のマーク・エイブラハムズさんは、「多くの医師は、こんなことが可能だとは思いもしなかっただろう」と堀内さんの独創性をたたえた。堀内さんは「受賞は意外だったが、これをきっかけに内視鏡検査への関心が高まってくれたら」と語った。

    (ここまで335文字 / 残り92文字)
    2018年09月14日 19時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP