17日に打ち上げ、「イプシロン」4号機を公開

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

整備棟(右)から発射地点に移動したイプシロン4号機の機体(9日午前7時54分、鹿児島県肝付町で)
整備棟(右)から発射地点に移動したイプシロン4号機の機体(9日午前7時54分、鹿児島県肝付町で)

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は9日、内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付きもつき町)から17日に打ち上げる固体燃料ロケット「イプシロン」4号機の機体を報道陣に公開した。

 機体は9日早朝、打ち上げに向けたリハーサルに合わせて公開された。整備棟から屋外の発射地点に移動し、職員らが異常の有無などを確認した。

 4号機は全長26メートル、重さ95・6トンの3段式。宇宙新興企業「ALE」(東京)などが開発した人工的に流れ星を発生させる衛星(重さ68キロ・グラム)など人工衛星7基を搭載する。イプシロンに複数の衛星を載せるのは初めて。

620 0 テクノロジー 2019/01/09 16:48:00 2019/01/21 11:52:55 2019/01/21 11:52:55 発射地点に移動したイプシロン4号機(9日午前7時54分、鹿児島県肝付町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190109-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ