iPS細胞でがん治療…「頭頸部」患者に治験へ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から特殊な免疫細胞を作り、顔や首にできる「頭頸部とうけいぶがん」の患者に投与する臨床試験(治験)を、理化学研究所と千葉大学のチームが年内にも始める計画であることがわかった。免疫力を高めてがん細胞の縮小を目指す治療法で、iPS細胞を使ったがん治療の治験は国内では例がないという。

 頭頸部がんは、鼻や口、喉、あご、耳などにできるがんの総称で、日本ではがん全体の5%程度を占める。

 治験を計画しているのは、理研生命医科学研究センターの古関明彦・副センター長、岡本美孝・千葉大教授(頭頸部腫瘍学)らのチーム。計画では、健康な人のiPS細胞から、免疫細胞の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」を作製。この細胞をがん患部につながる血管に注入する。対象は手術などが困難な再発患者3人。最初に3000万個を注入し、副作用などを見ながら細胞数を変えて計3回投与する。2年かけて安全性や効果を調べる予定。

 NKT細胞は、自らがん細胞を攻撃する上、他の免疫細胞を活性化する働きを持つとされる。頭頸部がんの患者自身のNKT細胞を培養し、患者に戻す同大の臨床研究では、1回の投与でがん細胞が最大3~4割縮小したという。しかし、NKT細胞は血液中に0・1%程度しかなく、培養にも時間がかかるため、繰り返し培養して投与するのは難しかった。

 こうした課題を解決するため、古関氏らは無限に増えるiPS細胞に着目。人の血液からNKT細胞を採取し、いったんiPS細胞にして大量に増やした後、再びNKT細胞に戻す方法を開発した。この細胞をマウスに投与した結果、がんの増殖が抑えられた。

 今回の治験で安全性に問題がなければ、有効性を調べる治験に移る。古関氏は「患者の負担が少ない新たな治療法となれば」と話す。肺がん治療への応用も検討している。

 日本がん免疫学会理事長の河上裕・慶応大教授の話「NKT細胞はがんを攻撃する他の免疫細胞を誘導する可能性も報告されており、腫瘍が縮小するだけでなく、生存期間も延びれば、有効な治療法となりうる。着実に進めてほしい」

1067 0 テクノロジー 2019/01/10 12:50:00 2019/01/21 11:59:01 2019/01/21 11:59:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190110-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ