がん患者、新たに年99万人…トップは「大腸」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は、2016年に新たにがんと診断された患者数は延べ99万人を超えたと、17日付で発表した。すべての病院に患者データの届け出を義務付けた「全国がん登録」という新たな制度による初の集計で、日本のがんの実態が判明した。部位別では、大腸がんがトップだった。

 全国がん登録は、病院に届け出を義務化したがん登録推進法の施行に伴い、16年から始まった。それ以前の登録制度は任意で、登録漏れが指摘されていた。

 集計結果によると、16年のがんの新規患者数は99万5132人(男性56万6575人、女性42万8499人、不明58人)。法施行前の登録をもとにした15年の患者数89万1445人(男性51万926人、女性38万519人)に比べ、10万3687人も多かった。

 集計した国立がん研究センターによると、患者数が急増したというより、さらに正確なデータが集まったためとみられる。

 部位ごとの患者数を見ると、大腸15万8127人(15・9%)、胃13万4650人(13・5%)、肺12万5454人(12・6%)の順に多かった。

 15年と比べると、順位は同じだが、全体に占める割合は、胃や肺で下がった。それぞれ原因となるピロリ菌の感染率や、喫煙率の低下を反映したとみられる。逆に、大腸は0・4ポイント上がっており、食生活の欧米化などの影響がうかがえる。

 男性は胃がんが最も多く、前立腺、大腸、肺、肝臓と続いた。女性は乳がんがトップで、次いで大腸、胃、肺、子宮の順だった。

 がんと診断された人の割合(罹患りかん率)は、年齢構成を調整した人口10万人当たりで402・0。男性が469・8、女性が354・1で、男性の方が高い。

 今後は、新制度のデータが毎年発表される。5年生存率については、23年に最初の公表を行う予定だ。

 厚労省がん・疾病対策課の佐々木昌弘課長は「データを詳しく分析し、患者の状態に応じた医療体制の整備を進めたい」としている。

39043 0 テクノロジー 2019/01/17 00:01:00 2019/01/21 12:33:09 2019/01/21 12:33:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190116-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ