インフル、警報レベル超え「A香港型が増殖中」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は18日、インフルエンザの患者数が13日までの1週間で1医療機関当たり38・54人となり、今季初めて警報レベルの30人を超えたと発表した。

 厚労省によると、約5000の内科、小児科から報告があった患者数は19万527人。全国の推計患者数は163・5万人で、前週(58・6万人)の2・8倍に急増した。

 都道府県別にみると、愛知が75・38人と最も多く、熊本58・79人、岐阜53・94人、鹿児島52・34人が続いた。30人を超えているのは、東京31・71人、大阪36・81人、福岡51・87人など32都道府県に上る。同省によると、昨年12月前半以降に検出されたウイルスは、2009年に新型として流行したA型のH1N1が67%を占め、A香港型は33%、B型はごくわずかだ。

 けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「高齢者で重症化しやすいA香港型が徐々に増えている。せきや頭痛などがあれば、インフルエンザを疑い、症状が軽いうちに医療機関を速やかに受診してほしい」と呼びかけている。

56864 0 テクノロジー 2019/01/18 18:59:00 2019/01/21 12:38:21 2019/01/21 12:38:21

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ