日本の女性科学者の草分け、米沢富美子さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本の女性科学者の草分け的存在で、女性初の日本物理学会長などを務めた慶応大名誉教授の米沢富美子(よねざわ・ふみこ)さんが17日、心不全で死去した。80歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 大阪府生まれ。理論物理学が専門で、京都大助教授、慶応大教授などを務め、アモルファスと呼ばれる結晶構造を持たない物質の性質を解き明かす理論研究などで世界的に知られた。

 1984年に優れた女性研究者に贈られる「猿橋賞」を、2005年にはロレアル―ユネスコ女性科学賞をそれぞれ受賞した。一般向けの科学読み物なども多く著し、高齢の母を遠距離介護する体験をつづったエッセーも話題になった。

無断転載禁止
62575 0 テクノロジー 2019/01/21 22:44:00 2019/01/22 10:23:55 2019/01/22 10:23:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ