インフル新薬「ゾフルーザ」、初の耐性ウイルス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」を服用した横浜市の患者2人から、薬が効きにくい耐性ウイルスを初めて検出したと、国立感染症研究所が発表した。ゾフルーザは、錠剤を1回飲むだけで治療効果が期待できるため、昨年3月の発売から、売り上げを大きく伸ばしている。ただ、発売前の試験データから、ほかのインフルエンザ治療薬と比べ、耐性ウイルスが出現しやすいことが指摘されていた。

無断転載禁止
303739 0 テクノロジー 2019/01/25 22:16:00 2019/01/28 13:13:46 2019/01/28 13:13:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ