活性炭の100倍「プルシアンブルーの脱臭剤」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

プルシアンブルーを基にした脱臭剤を手にする高橋研究員。左は分子の構造を示した模型(23日、産業技術総合研究所で)
プルシアンブルーを基にした脱臭剤を手にする高橋研究員。左は分子の構造を示した模型(23日、産業技術総合研究所で)

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究グループは、青色の顔料「プルシアンブルー」を利用した高性能の脱臭剤を開発したと発表した。元々は放射性物質除去のために研究を進めていた素材だった。活性炭などに比べ、臭いの元となるアンモニアを5~100倍多く吸着するという。グループは畜産業やトイレなどでの利用を見込んでいる。

 産総研によると、この顔料は、原子レベルで見ると、鉄イオンなどからなる格子状の構造をしており、格子の隙間にアンモニアなどを吸着する。高橋顕・産総研主任研究員(32)らは、一部の鉄を銅に置き換えることでアンモニアを吸着する効率を大幅に高めた。また、洗浄すれば何度でも使えるという。

 この脱臭剤と送風機を組み合わせた脱臭機を養豚場の豚舎(48平方メートル)で使ったところ、空気中のアンモニア濃度が7割以上低下した。夜間は臭いがほとんど気にならないレベル。

 この顔料はセシウムも吸着することがわかっており、グループは元々、顔料を使って東京電力福島第一原子力発電所事故で放出された放射性物質を除去する研究をしていた。約3年前にアンモニアも効率良く吸着することに気づいたという。

 高橋研究員は「従来の脱臭機よりコストを10分の1以下に抑えられる可能性がある。数年後の実用化を目指したい」と話している。

 産総研によると、国内で排出されるアンモニアのうち、約6割を畜産業が占める。悪臭のほか、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)と結びついて微小粒子状物質(PM2・5)の原因にもなるという。

無断転載禁止
406598 0 テクノロジー 2019/01/29 19:20:00 2019/01/30 10:13:21 2019/01/30 10:13:21 プルシアンブルーを元にした脱臭材を手にする高橋研究員。左は分子の構造を示した模型(23日、産業技術総合研究所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190128-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ