昆虫も細菌も寄せ付けぬ、キュウリ臭で身を守る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

キュウリと同じにおいがするカミクラゲ(新江ノ島水族館提供)
キュウリと同じにおいがするカミクラゲ(新江ノ島水族館提供)

 日本沿岸などに生息するクラゲ「カミクラゲ」がキュウリのようなにおいを出していることを、東京海洋大の永井宏史教授らが発見した。このにおい成分には、昆虫や細菌を寄せ付けない作用があり、においを利用して身を守っている可能性があるという。論文が日本水産学会の学術雑誌に掲載された。

 永井教授らは、東京湾で採取したカミクラゲをすりつぶしてにおいの成分を取り出し、分析した。その結果、においを生み出しているのは、キュウリにも含まれ、抗菌作用などがある「ノネナール」と「ノナジエナール」という二つの物質であることがわかった。

 クラゲの毒を研究する永井教授は、東京湾で研究用のクラゲを採取した際に、偶然捕れたカミクラゲから、他のクラゲにはないキュウリのような独特のにおいがすることに気づき、研究を始めたという。

 広島大の大塚攻教授(海洋プランクトン学)は「水族館でもよく展示されているクラゲなのに、これまで誰もそのにおいを研究してこなかった。陸の生物と海の生物の間で、一部の遺伝子が取り込まれるなどのやり取りがあった可能性を示唆する成果だ」と話している。

無断転載禁止
416021 0 テクノロジー 2019/02/01 02:57:00 2019/02/01 03:01:43 2019/02/01 03:01:43 キュウリと同じニオイがするカミクラゲ(新江ノ島水族館提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190130-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ