泊原発、消火設備が凍結…室内暖房の故障で

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道電力は9日、泊原子力発電所1、2号機(北海道泊村、停止中)で、消火ポンプの補助設備が凍結し、少なくとも同日未明から午前までの約6時間にわたり使用できない状態になっていたと発表した。消火ポンプには影響はなかった。補助設備を温める暖房器具の故障が原因とみられる。同原発の設備が凍結で不具合を起こすのは異例。

 同社によると、不具合を起こしたのは、消火ポンプの水圧を保つための「消火加圧水ポンプ」で、9日午前0時半頃、社員がパトロール中に発見した。消火加圧水ポンプが入っている部屋の温度は、寒波の影響もあり氷点下5度まで下がっていた。この部屋に設置されている暖房器具が1日から故障していたが、修理が完了していなかったという。

 同社広報部は、「他の部屋の暖房は稼働しており、伝熱効果で凍結は発生しないと見込んでいたが、見通しが甘かった。再発防止策を徹底する」としている。

437916 0 テクノロジー 2019/02/09 22:21:00 2019/02/09 22:21:00 2019/02/09 22:21:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ