iPS備蓄にゲノム編集活用…拒絶反応抑制へ

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都大が進める再生医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の備蓄・提供事業について、文部科学省の専門家会合は、ゲノム編集技術を活用して備蓄の効率を高める方針を決めた。ゲノム編集でiPS細胞の遺伝子を改変し、移植時の免疫拒絶反応を起きにくくさせて、ほぼ全ての日本人に提供できる体制を整える。

 京大iPS細胞研究所は2013年度から国の事業として、拒絶反応が起きにくい特殊な免疫タイプの人の細胞からiPS細胞を作り、再生医療用に備蓄・提供している。ただ、90%の日本人の免疫タイプに対応するには、140種類のiPS細胞を備蓄する必要があるなどの課題があった。

439253 1 テクノロジー 2019/02/11 18:50:00 2019/02/11 18:50:00 2019/02/11 18:50:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ