杉「ミステリーサークル」にビックリ…伐採せず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

飫肥杉が円形に植栽された「ミステリーサークル」=田中勝美撮影
飫肥杉が円形に植栽された「ミステリーサークル」=田中勝美撮影

 二つのミステリーサークルの正体は、飫肥杉おびすぎ――。宮崎県日南市の森林に広がる直径70メートルほどの幾何学模様は、同市一帯に分布する杉の成長や強度を調べるための試験林だ。

 宮崎南部森林管理署によると、飫肥杉は油分が多くて腐りにくいため、木造船などに使われていたが、繊維強化プラスチック(FRP)の普及によって需要が激減。住宅建材用に適した植栽密度と成長の関係を調べるため、1973年度に試験栽培が始まった。

 1周36本ずつ、中心に近づくにつれて植栽間隔を狭くして12周分植えた。その結果、外側の木は高さ約20メートルにまで成長し、中心部より約5メートル高かったという。

 同署の野辺忠司次長は、「樹高は植栽密度に影響されないという定説が覆された。ミステリーサークルのような形になっているとは驚きだ」。

 試験栽培は50年を迎える2023年度に終えて伐採する予定だった。だが、思いがけない現象と反響に、今後は観光資源としても活用していくという。

無断転載禁止
447767 0 テクノロジー 2019/02/17 14:53:00 2019/02/17 17:34:31 2019/02/17 17:34:31 飫肥杉が円形に植栽された試験地(小型無人機から)(28日午後4時16分、宮崎県日南市で)=田中勝美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190216-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ