難聴リスク、若者11億人に…大音量で音楽影響

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は、世界の若者の2人に1人が難聴になるリスクがあると発表した。スマートフォンで大音量の音楽を聴くことなどが影響している。両組織は、聴覚の安全を保つため、音楽端末の製造やその利用に関する国際基準も公表した。

 12日の発表によると、大人の場合、聴覚を安全に保つ限度として、救急車のサイレンと同程度の80デシベルの音を聴くことを1週間に40時間以内に抑えるなどと定めた。

 WHOは、聴覚に関する28の研究結果から、世界の12~35歳のおよそ半数の約11億人が、スマートフォンなどを利用し、限度以上の音量で音楽を聴いていると推計した。

 国際基準は、保護者の裁量で音量を制限できる機能を搭載することなどを推奨している。

 (ジュネーブ支局 杉野謙太郎)

450137 0 テクノロジー 2019/02/18 22:24:00 2019/02/19 05:21:58 2019/02/19 05:21:58

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ