加速器 誘致表明に至らず…素粒子計画 宇宙の謎に迫る 文科省が見解「議論を継続」

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日米欧の研究者らが東北地方に誘致を進める巨大加速器「国際リニアコライダー(ILC)」について、文部科学省は7日、「現時点で日本誘致の表明には至らない」などとする見解を、計画を推進する科学者らでつくる国際組織に示した。

 同日午前に東京都内で開かれた国際会議で、磯谷桂介・文科省研究振興局長が説明した。見解は経費の国際分担などに懸念を表明した日本学術会議の報告書を踏まえた。

 見解の中で、文科省は計画の学術的意義は評価し、欧州が来年まとめる素粒子物理戦略の中でILCがどう位置づけられるかを見守り、国際的な意見交換を続けるとした。また、研究者が計画を進めるには、日本学術会議の正式な審議プロセスでの議論が必要とした。磯谷局長は「議論を継続するということだ」と話した。

 ILCは全長20キロ・メートルの直線型加速器。電子と陽電子を衝突させて質量の源とされる素粒子「ヒッグス粒子」を作り、その詳しい性質などを調べることで、宇宙誕生の謎に迫る。科学者らの国際組織が2013年8月、東北・北上山地を建設候補地と決定。東北の経済団体や超党派の議連も、経済効果が見込めるとして国に誘致を要望している。

 こうした中、日本学術会議は昨年12月、7400億~8000億円と見積もられる経費の国際分担が不透明などとして「誘致を支持するには至らない」との報告書を文科省に提出。文科省は国際組織の求めで、対応を検討してきた。

476469 1 テクノロジー 2019/03/07 15:00:00 2019/03/07 15:00:00 2019/03/07 15:00:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ