目印頼りに機体降下…はやぶさ2、新たな動画

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

はやぶさ2の動画はこちら

「はやぶさ2」が目印(白い点)を頼りに降下する様子を撮影した画像(JAXA提供)
「はやぶさ2」が目印(白い点)を頼りに降下する様子を撮影した画像(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は20日、探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウに着地した際に撮影した新たな動画を公開した。機体が、白く見える地表の目印を頼りに降下していく様子が確認できる。

 動画は、2月22日の着地の際に撮影した画像から作成した。高度45メートルで事前に投下しておいた目印(白い点)を検知し、カメラの画面中央にとらえるようにしながらまず同8・5メートルまで降下。その後、目標を着地点に変更し、更に高度を下げている。

 カメラで目印をとらえながら降下することで、今回は直径6メートルの円の中に降りるという、高精度な着地を成功させた。

無断転載禁止
499766 0 テクノロジー 2019/03/20 19:30:00 2019/03/20 19:30:00 2019/03/20 19:30:00 目印(白い点)を機体の真下にとらえながら着地点に近付いていく様子を撮影したカメラの画像(JAXA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190320-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ