ノーベル賞の大村さんも薫陶、中西香爾さん死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中西香爾・米コロンビア大名誉教授
中西香爾・米コロンビア大名誉教授

 【ワシントン=船越翔】天然の有機化合物の化学構造を次々に解明した中西香爾(なかにし・こうじ)・米コロンビア大名誉教授が28日、ニューヨーク市内で死去した。93歳だった。家族が明らかにした。

 中西さんは複雑な天然化合物の構造解明に1950年代から取り組み、イチョウに含まれる有機化合物「ギンコライド」やスズメバチの毒「フィラントトキシン」など約200種類の化学構造を突き止めた。

 こうした物質が生物の体内で果たす役割も明らかにし、病気の予防や治療に応用する道を切り開いた。業績は国内外から評価され、96年には日米の化学会が合同で、中西さんの功績をたたえ、優れた研究者に贈る「ナカニシプライズ(中西賞)」を創設した。

 2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士が若い頃に中西さんの講義を聞いて「先生」と慕うなど、多くの研究者に影響を与えた。

 香港生まれで、1954年に名古屋大で博士号を取得した。東京教育大(現・筑波大)教授や東北大教授、コロンビア大教授などを歴任。2007年に文化勲章を受章した。

無断転載禁止
513160 0 テクノロジー 2019/03/29 13:34:00 2019/03/29 13:34:00 2019/03/29 13:34:00 大村さんが「私の先生」と慕うニューヨーク在住の有機化学の世界的研究者、中西香爾・米コロンビア大名誉教授。今年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった大村智・北里大学特別栄誉教授に対し、6日、米国在住の恩師や留学先だった大学の学長、日本国内の弟子たちから次々に祝福の声が上がった。2014年9月24日撮影。2015年10月6日夕刊掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190329-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ