ブラックホール撮影…世界初、存在を証明

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ブラックホールの撮影に成功し、記者会見する国立天文台の本間希樹教授(10日午後10時8分、東京都千代田区で)=若杉和希撮影
ブラックホールの撮影に成功し、記者会見する国立天文台の本間希樹教授(10日午後10時8分、東京都千代田区で)=若杉和希撮影
M87銀河のブラックホールを撮影した画像。オレンジ色に輝くガスの中に、黒い「穴」が浮かび上がった。この中心にブラックホールの本体がある(画像は合成、着色してある。EHT collaboration提供)
M87銀河のブラックホールを撮影した画像。オレンジ色に輝くガスの中に、黒い「穴」が浮かび上がった。この中心にブラックホールの本体がある(画像は合成、着色してある。EHT collaboration提供)

 国立天文台など世界約80の研究機関による国際チームは10日、ブラックホールの撮影に初めて成功したと発表した。ブラックホールは、物理学者アインシュタインの一般相対性理論を基に約100年前に予言された天体だが、周囲の現象などから間接的に観測することしかできなかった。今回は存在を証明する初の成果となる。

 撮影したのは、地球から約5500万光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)離れた、おとめ座の「M87」という銀河の中心部にある巨大ブラックホール。南米チリの「ALMAアルマ」など世界8か所の電波望遠鏡で一斉に観測したデータから、極めて高い解像度の画像を合成した。その結果、ブラックホールの周囲で輝くガスの中に、黒い「穴」が浮かび上がった。穴の中心に、太陽の65億倍の質量を持つブラックホールの本体があるという。

 ブラックホールは重力が非常に強く、光さえも脱出できないため、観測は極めて困難だった。M87のブラックホールも周囲の電磁波から存在が推定されているだけだった。

 多くの銀河の中心には巨大なブラックホールがあり、銀河の形成に重要な役割を果たしたと考えられており、宇宙の成り立ちの解明につながる大きな一歩になると期待される。

 ◆ブラックホール=ドイツの天文学者が1916年に存在を推定した天体。大質量の恒星が一生の最後に自らの重力でつぶれて生じる小型のものや、太陽の100万~100億倍の質量を持つ巨大なものがある。巨大なブラックホールの成因は不明。

531142 0 テクノロジー 2019/04/10 22:19:00 2019/04/11 08:48:28 2019/04/11 08:48:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190411-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ