三浦しをんさんに植物学会賞特別賞…研究者描き

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 作家の三浦しをんさん(42)が、日本植物学会賞(同学会主催)の特別賞を受賞することが決まった。小説家の受賞は初。三浦さんは、植物学専攻の大学院生を主人公にした「愛なき世界」を執筆しており、「小説における植物研究活動の正確な描写と一般社会への植物科学の啓発」が評価された。

 「愛なき世界」は2016~17年に本紙に連載、18年には中央公論新社から単行本化されている。植物学会賞は主に研究者に与えられるが、特別賞は、技術や教育などを通して植物学の発展に貢献した人や団体から広く選ばれる。三浦さんは、「親切に植物学について教えていただいた先生や院生の皆さんのおかげ。この小説を通し、理系の基礎研究の大切さと面白さを少しでもお伝えできていればうれしい」と話している。

無断転載禁止
554780 0 テクノロジー 2019/04/25 18:34:00 2019/04/25 18:34:00 2019/04/25 18:34:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ