泊原発、再稼働見通せず…規制委が断層資料要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 原子力規制委員会は15日、北海道電力泊原子力発電所(北海道泊村、停止中)1~3号機について、敷地内の断層の評価状況などを取りまとめた資料の提出を北海道電に求めることを決めた。更田豊志ふけたとよし委員長は会合で「1年間ぐらいは原発本体の審査を始められない」と語った。泊原発の再稼働は当分見通せなくなった。

 泊原発の敷地内に、活断層が存在する可能性が出てきたことなどが理由。規制委は今年2月、1号機の近くにある「F―1断層」について「活断層である可能性が否定できない」との見解をまとめている。重要施設の直下に活断層がある場合は原発は運転できない。F―1断層の直上には重要施設はないとされているが、地震の揺れの想定が大きくなる可能性がある。

 北海道電は2013年7月に、泊原発1~3号機の安全審査を申請した。当初、火山灰の分析などから「敷地内に活断層はない」と主張したが、その後の調査で火山灰が見つからず、規制委を納得させるデータを示すことができなかった。

 泊原発と同時期に安全審査を申請した関西電、四国電、九州電の原発は、いずれも既に審査に合格し、再稼働している。

無断転載禁止
584037 0 テクノロジー 2019/05/15 12:24:00 2019/05/15 12:24:00 2019/05/15 12:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ