[深層NEWS]最上もがさん、いじめきっかけにゲーム「救われた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長とタレントの最上もがさんが15日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新たな依存症として注目される「ゲーム障害」について解説した。

 ゲーム障害が疑われる状態について、樋口院長は〈1〉日常生活でゲームを最優先する〈2〉問題が起きてもゲームを続ける――などを挙げ、「ゲームを続けることで心肺能力が落ちるなど体にも影響が出る」と指摘した。一方、最上さんはいじめをきっかけにゲーム中心の生活になった中高生時代を明かし、「インターネットを通じてゲーム仲間と楽しく過ごし、救われた」と振り返った。

無断転載禁止
585069 0 テクノロジー 2019/05/15 23:01:00 2019/05/15 23:01:00 2019/05/15 23:01:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ