ギネスビール「波模様」、泡とグラス形状に秘密

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界150か国以上で楽しまれている黒ビール「ギネスビール」を注いだ時、グラス内に流れ落ちるような波模様ができる仕組みを解明したと、大阪大の流体力学の研究者らが発表した。他のビールや炭酸飲料より細かい泡と専用グラスの形が、特有の模様を作るという。論文が英科学誌に掲載された。

 ギネスビールは、1759年にアイルランドで誕生。国内ではキリンビール(東京都)が販売している。クリーミーな泡を作り出すために、炭酸ガスだけを含む他のビールや飲料とは違い、窒素ガスも使われている。泡は直径約50マイクロ・メートルで炭酸ガスの約10分の1の大きさという。

 ギネスビールは不透明で泡の動きの観察が難しいため、阪大の渡村友昭助教とキリンホールディングスの研究チームは、この泡とほぼ同じ大きさの中空の粒子を水に混ぜ、模擬ギネスビールを作製。実験容器に入れてレーザーを当て、水や粒子の動きを観察した。

 実験の結果、注いだ時に泡の多い部分と少ない部分に分かれ、濃淡の模様が現れることが判明。全体の泡はゆっくり上昇するが、泡が少ない部分のビールは重いため、容器の壁を伝って模様を押し下げることがわかった。

 容器の傾きを変えて調べたところ、10度で最も模様が見えやすかったという。専用グラスの内側の一部も約10度に傾いている。

 渡村助教は「身近な物理現象から出発した研究。細かい物質を混ぜたり集めたりすることは工業の重要な要素で、結晶合成などに応用できる」と話している。

無断転載禁止
608181 0 テクノロジー 2019/05/29 07:30:00 2019/05/29 07:30:00 2019/05/29 07:30:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190527-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ