スマホ「禁煙アプリ」、効果を確認…自宅や職場で支援可能

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医療ベンチャー企業「キュア・アップ」(東京都)と慶応大は30日、スマートフォン(スマホ)で使うニコチン依存症の治療用アプリの有効性を、治験で確認したと発表した。医療機器として承認を得るため国に審査を申請中で、承認されれば治療用アプリとして国内初となる。同社は2020年の保険適用を目指している。

 治療用アプリは、患者が毎日入力する呼気中の一酸化炭素濃度などのデータを基に、スマホ画面に「ガムをかみましょう」などと禁煙を支援する助言を表示する。

 治験は17~18年、国内でニコチン依存症と診断された成人男女計572人に行われた。投薬など従来の治療をしつつ、治療用アプリを利用するグループ(285人)と、利用しないグループ(287人)に分け、半年間の効果を調べた。

 その結果、アプリでは182人(63・9%)が禁煙に成功し、一方のグループよりも13・4ポイント高く、有効性を示せた。

 このアプリは、通常3か月間診察する禁煙外来での治療と併用して使うことを想定。病院での診察時だけでなく、自宅や職場にいる間も禁煙の支援ができる利点がある。

無断転載禁止
611613 0 テクノロジー 2019/05/30 20:02:00 2019/05/31 02:13:28 2019/05/31 02:13:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ