東大抑え、沖縄の大学10位…質の高い論文ランク

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自然科学分野で質の高い論文の割合が多い研究機関のランキングで、沖縄科学技術大学院大(OIST)が日本勢トップの10位になった。東京大(40位)、京都大(59位)、名古屋大(93位)、大阪大(99位)も100位以内に入った。

 英科学誌ネイチャーが20日付の別冊で発表した。同誌は昨年1年間の自然科学分野の論文約388万本と、このうち著名な学術誌に掲載された論文約6万本を分析。著者の所属機関ごとに、質の高い論文の割合を算出した。

 1位は米コールド・スプリング・ハーバー研究所、2位はオーストリア科学技術研究所、3位はイスラエルのワイツマン科学研究所だった。

 OISTは2012年開設の博士課程のみの5年制大学院。約170人の学生は世界45か国・地域から集まっており、日本人の割合は13%にとどまる。同誌は「日本で最も多様性のある研究機関の一つ」と評価し、授業や研究のほとんどが英語で行われていることも紹介した。

無断転載禁止
649729 0 テクノロジー 2019/06/21 11:29:00 2019/06/21 11:29:00 2019/06/21 11:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ