福島第一、格納容器のフタ調査…燃料取り出しへ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力は福島第一原子力発電所の1号機で、7月中旬にも、原子炉格納容器の上部にあるフタの隙間に調査ロボットを投入し、破損したフタ部分の詳細な状況や放射性物質による汚染の調査を行う。2023年度にも予定している使用済み燃料プールからの燃料取り出し開始に向け、作業しやすい環境を整える。

 原子炉格納容器の上には、放射線を遮蔽しゃへいするため、「ウェルプラグ」と呼ばれるコンクリート製のフタが3重に取り付けられているが、2011年の事故に伴う水素爆発の衝撃のため、破損したり、ずれて隙間ができたりしている。現状では、プールからの燃料取り出し作業の際に、強い放射線や不安定な足場が障害になるため、詳細な状況を調査し、撤去や遮蔽を含めて対応を検討する。

 調査では、ロボット2台を隙間から入れ、3層構造の内部を走行させる。カメラをつり下げて周辺の撮影や放射線量の測定などを行う。調査結果は9月に出る見込み。

無断転載禁止
670022 0 テクノロジー 2019/07/03 11:04:00 2019/07/03 11:04:00 2019/07/03 11:04:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ