ライチョウ、今世紀末に絶滅の恐れ…温暖化影響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北アルプスのライチョウ(長野県環境保全研究所提供)
北アルプスのライチョウ(長野県環境保全研究所提供)

 国の特別天然記念物のニホンライチョウが、地球温暖化の進行に伴い、現在多く生息する北アルプスから今世紀末にほぼ絶滅する恐れがあると、長野県環境保全研究所や森林総合研究所、高知大、東京農大などの研究チームが発表した。ライチョウが生活環境とする高山植物の群落が激減するため。研究論文は10日、電子版の英科学誌「BMCエコロジー」に掲載された。

 環境省によると、国内のライチョウは中部山岳の高山帯に生息。推定生息数は1980年代は計約3000羽だったが、現在は北アルプスのほか、南アルプスなどの計2000羽以下に減少したとされる。キツネやテンなど捕食動物の高山帯への進出も減少の理由とされている。

 研究チームは、北アルプス中南部でライチョウがすみかや餌としている高山植物に対し、気温や降雪量などがどのように影響するかに着目した。現在のペースで温暖化が進めば、2081~2100年に気温は2~4度上昇、降雪量が減るなどと予測。高山植物の分布から割り出すと、ライチョウが生息できる区域は現在の0・4%にとどまった。また、根元に巣を作るハイマツのほか、稜線りょうせん上で強風に耐える種類など、色々な高山植物が分布する場所に生息する確率が高いことも分かったという。

 長野県環境保全研究所の堀田昌伸・自然環境部長(60)(鳥類生態学)は「高山植物がなくなればライチョウは行き場を失い、絶滅に直結する。将来的には他の地域に移すなどの保全策が必要になるかもしれない」と話す。今後、南アルプスなどの生息域でも温暖化の影響を調べるという。

無断転載禁止
683936 0 テクノロジー 2019/07/10 22:11:00 2019/07/10 22:11:00 2019/07/10 22:11:00 北アルプスのライチョウ(長野県環境保全研究所提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190710-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ