はやぶさ2再着地…「地下岩石」試料、地球へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の探査機はやぶさ2が11日、小惑星リュウグウへの再着地に成功した。今年2月の着地に続く2回目で、4月にクレーターを作った際に露出した地下の岩石の破片を採取できた可能性が高い。成功していれば、小惑星の地下の岩石の採取は世界初。2020年末に、試料入りのカプセルが地球に届く予定だ。

探査機はやぶさ2が着地の4秒後に撮影したリュウグウ。岩のかけらが飛び散っているのが見える(ISAS/JAXA提供)
探査機はやぶさ2が着地の4秒後に撮影したリュウグウ。岩のかけらが飛び散っているのが見える(ISAS/JAXA提供)

 小惑星の表面の岩石は太陽風や宇宙線の影響で性質が変化しているが、地下の岩石は変化が少なく、太陽系が誕生した当時の状態を保っているとみられる。両方の岩石の成分の比較などから、太陽系の成り立ちを知る手がかりが得られると期待されている。

 初代はやぶさも小惑星イトカワで微粒子を採取したが、リュウグウはイトカワよりも、生命に欠かせない炭素や水の成分が多いと考えられている。リュウグウの岩石の調査は、生命の起源を解き明かすことにもつながりそうだ。

 はやぶさ2は10日午前、地球から約2億4000万キロ・メートル離れたリュウグウ(直径約900メートル)で、高度20キロ・メートルの位置から降下を開始した。事前に落とした目印をカメラでとらえながら降下を続け、11日午前10時6分、ほぼ予定通りの時刻に着地、数秒後に飛び立った。着地の際に、試料採取装置から地表に金属の弾丸を発射したことも確認され、弾丸の衝突で舞い上がった岩石の破片を採取できたとみられる。

 2回目の着地に失敗すれば1回目で得た試料まで失う恐れがあり、見送る選択肢もあったが、チームは挑戦を選んだ。津田雄一プロジェクトマネージャは記者会見で「冷静に科学的、技術的な判断をして、着地を決めた」と述べた。

 記者会見では、はやぶさ2が撮影した着地後のリュウグウの写真も公開された。岩石の破片が飛び散っている様子が写っていた。チームで試料分析を統括する名古屋大の渡辺誠一郎教授は、「周囲の岩の様子から、ほぼ狙った位置に着地できたようだ」と語った。

 はやぶさ2の着地は今回が最後。今後は5大学の共同チームが開発した小型探査ロボットを投下し、今年11~12月にリュウグウを離れて地球へ向かう。

無断転載禁止
686432 0 テクノロジー 2019/07/11 20:57:00 2019/07/12 07:17:43 2019/07/12 07:17:43 探査機はやぶさ2が再着地後に撮影した小惑星リュウグウ。岩石の破片が飛び散っているのが見える(JAXA提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190711-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ