インド、月探査機打ち上げ…着陸成功なら4か国目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=田原徳容】インド宇宙研究機関(ISRO)は22日、南部アンドラプラデシュ州の宇宙センターから、無人月探査機「チャンドラヤーン2号」を打ち上げた。9月に予定される月面着陸に成功すれば、旧ソ連、米国、中国に次いで4か国目となる。

 チャンドラヤーン2号は、月周回機と着陸機、月面探査車で構成される。月の南極付近に着陸し、探査活動を行う予定だ。チャンドラヤーンはサンスクリット語で「月に行く乗り物」を意味する。今月15日に打ち上げ予定だったが、直前に技術的障害が見つかり、延期された。

 インドは2008年に「チャンドラヤーン1号」を打ち上げ、月の軌道到達に成功した。13年には初の火星探査機も打ち上げ、宇宙ステーションの建設にも意欲を示すなど宇宙開発に力を入れている。

無断転載禁止
702877 0 テクノロジー 2019/07/22 18:52:00 2019/07/22 19:28:52 2019/07/22 19:28:52

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ