飛び散る岩の破片も…はやぶさ2、2回目の着地

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

探査機はやぶさ2が、2回目の着地の前に高度8メートルから撮影した人工クレーターの画像(JAXA、千葉工大など提供)
探査機はやぶさ2が、2回目の着地の前に高度8メートルから撮影した人工クレーターの画像(JAXA、千葉工大など提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は25日、探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウへの2回目の着地の際に撮影した画像を新たに公開した。

 今月11日の着地の直前、高度約8メートルから撮影した画像には、今年4月に作った人工クレーターのくぼみが写っていた。クレーターの内側や周辺には、様々な大きさの岩が見える。クレーターの直径は最大15メートルほど、深さは2~3メートルとみられるという。

 下降から着地、上昇までの画像をつなぎ合わせた動画も公開した。着地の瞬間に、岩の破片が周囲に飛び散るのがわかる。

 2回目の着地点の愛称は「うちでのこづち」とした。採取に成功したとみられる岩の破片から、たくさんの研究成果が生まれることを期待して名付けたという。

無断転載禁止
708583 0 テクノロジー 2019/07/25 21:11:00 2019/07/25 21:11:00 2019/07/25 21:11:00 探査機はやぶさ2が、2回目の着地の前に高度8メートルから撮影した人工クレーターの画像(JAXA、千葉工大など提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190725-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ