費用419億円、廃棄物6千トン…女川1号機廃炉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東北電力は29日、女川原子力発電所1号機(宮城県)の廃炉作業の工程をまとめた廃止措置計画を原子力規制委員会に申請した。規制委の認可後、34年かけて原子炉や建屋などの解体を進める予定で、全体の費用は約419億円と見積もっている。

 規制委によると、2011年3月の東日本大震災後、廃止措置計画の申請があった発電用原子炉は10基(うち認可済みは6基)となった。

 女川原発1号機は、1984年6月に運転を開始した。出力は52万4000キロ・ワット。震災の際、2、3号機とともに自動停止した。老朽化が進み、新規制基準への対応が難しいとして、東北電力が昨年10月、廃炉の方針を宮城県に伝えていた。

 1号機で貯蔵中の使用済み核燃料821本は当面、3号機に移し、廃炉完了までに青森県六ヶ所村にある日本原燃の再処理工場(建設中)に送る。原子炉解体などに伴って発生する低レベル放射性廃棄物は約6140トンと見込むが、最終的な保管先は未定という。

無断転載禁止
714304 0 テクノロジー 2019/07/29 18:24:00 2019/07/29 21:12:54 2019/07/29 21:12:54

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ