「国際情報五輪」、日本の高校生4人全員がメダル

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文部科学省は10日、中央アジアのアゼルバイジャンで開かれた「国際情報オリンピック」で、日本代表の高校生4人全員がメダルを獲得したと発表した。金が1人、銀が3人だった。今年は87か国・地域から327人が参加。情報科学の理解力や分析力を競い、上位約8%が金、続く約17%が銀、その次の約25%が銅のメダルをそれぞれ獲得した。

 日本の受賞者は次の通り(敬称略)。▽金 米田優峻まさたか(東京・筑波大付属駒場高2年)▽銀 戸高空(宮崎・県立宮崎西高3年)、行方なめかた光一(東京・筑波大付属駒場高3年)、平木康傑やすたか(兵庫・灘高2年)

無断転載禁止
736461 0 テクノロジー 2019/08/11 18:17:00 2019/08/11 18:17:00 2019/08/11 18:17:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ