7月の気温「史上最も暑い」…世界各地で猛暑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米海洋大気局(NOAA)は15日、今年7月は世界の平均気温が16・7度で、観測史上最も暑い月だったと発表した。NOAAの担当者は「地球温暖化の傾向が顕著に表れた」と説明している。

 NOAAによると、今年7月は20世紀の平均気温よりも0・95度高く、観測が始まった1880年以降でこれまで最高だった2016年7月を0・03度上回った。

 また、北極海では7月中に1日当たり10万6000平方キロ・メートルの氷が解け、1981~2010年平均の1・2倍の速度で氷が失われたという。

 7月は欧州が熱波に見舞われ、フランスやドイツ、オランダなど広い範囲で気温が40度を超え、世界各地で記録的な猛暑となっていた。

無断転載禁止
744740 0 テクノロジー 2019/08/16 10:39:00 2019/08/16 13:23:31 2019/08/16 13:23:31

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ