スパコン「京」さらば…跡地には性能100倍「富岳」設置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

運用を終えるスパコン「京」(神戸市中央区で)
運用を終えるスパコン「京」(神戸市中央区で)

 理化学研究所計算科学研究センター(神戸市)は16日夜、8年間稼働してきた世界トップクラスのスーパーコンピューター「けい」の運用を終了し、解体・撤去する手続きに入った。30日に電源を落とすセレモニーを行う。

 京の跡地には今後、京の約100倍の計算性能を持つ後継機「富岳ふがく」が設置され、2021年頃に本格運用が始まる予定。

 京は、国が約1100億円を投じ、理研と富士通が共同開発した。11年3月に一部が稼働し、開発目標だった毎秒1京回(京は1兆の1万倍)を超える計算速度を達成。同年6月に発表されたスパコンの計算速度ランキング「トップ500」で世界一になった。

 12年9月の本格運用後は2500人を超える国内外の研究者らが、医療や防災、材料開発など幅広い分野に活用。新薬開発や集中豪雨発生の高精度な予測、自動車メーカーによる燃費の良い車体設計などに役立ってきた。

無断転載禁止
745047 0 テクノロジー 2019/08/16 19:03:00 2019/08/16 19:31:18 2019/08/16 19:31:18 8年間の運用を終了する京(神戸市中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190816-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ