牛の夏バテ対策は…首に巻き付けた「布」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

牛の夏バテ対策として首に巻き付けられた「冷感ウェア」(千葉県市原市で)=横山就平撮影
牛の夏バテ対策として首に巻き付けられた「冷感ウェア」(千葉県市原市で)=横山就平撮影

 各地で猛烈な暑さが続く中、千葉県が乳牛の「夏バテ」対策の実証実験を進めている。牛の首に水で湿らせた布を巻き付けて涼をとらせるなど、暑さによる生乳の生産量減少を食い止めたい考えだ。

 実験の対象は、県内で飼育している46頭。牛の首に湿らせた布を巻き付けると、気化熱で6~8時間にわたって体温を下げる効果があるという。実験では、牛舎の屋根にも遮熱効果のある塗装を施して、舎内の気温上昇を防いでいる。

 県の2017年の生乳生産量は約20万8000トン。乳牛が暑さで食欲を落とす夏場は生産量が落ち、昨年6~8月の生産量は3~5月より10%減少した。

 実験では7~9月の牛の体温や乳量を測定し、効果を検証する。協力する同県市原市の酪農家加曽利紀代士さん(41)は「少しでも夏バテが和らいでくれれば」と話している。

無断転載禁止
749807 0 テクノロジー 2019/08/19 13:28:00 2019/08/19 13:28:00 2019/08/19 13:28:00 牛の夏バテ対策として首に巻き付けられた「冷感ウェア」(16日午後1時1分、千葉県市原市で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190819-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ