スロー地震、揺れ地域拡大防ぐ?…東日本大震災

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災の震源域周辺に揺れを感じないほどゆっくりと断層がずれる「スロー地震」が多発するエリアがあり、震災時に地震の拡大を抑制した可能性があるとする研究成果を、京都大防災研究所などのチームが発表した。南海トラフ地震の想定震源域でもスロー地震が多く、巨大地震の想定規模の見直しにつながる可能性がある。論文が23日の米科学誌サイエンス電子版に掲載された。

 スロー地震は、海側のプレート(岩板)が陸側のプレートに沈み込む境界付近で起きる。断層が1日に1センチ程度ずれるが、詳しい仕組みは不明だ。

 チームは2016年以降、微弱な地震波を観測できる防災科学技術研究所の地震津波観測網を使い、東日本大震災の震源域である日本海溝付近でスロー地震の発生状況を調べた。その結果、大きく断層が動いた岩手、宮城、福島県沖の北側と南側で、スロー地震が多いことが判明した。また、1930年以降に日本海溝沿いで起きたマグニチュード7以上の地震を調べたところ、今回見つかったスロー地震の多発エリアでは大地震が発生していなかった。

 プレート境界にたまったひずみが限界を超えると、断層が一気に動いて大地震を引き起こすとされるが、チームは「スロー地震が頻発するエリアでは、ひずみが徐々に解放されていたため、震災時に断層が大きく動かなかったと考えられる」と結論づけた。

 南海トラフ地震の想定震源域周辺でも、大分、愛媛両県沖の豊後水道などでスロー地震が多いことが知られる。チームの西川友章・日本学術振興会特別研究員は「南海トラフ地震でも、スロー地震の頻発エリアが地震拡大の歯止めになる可能性がある」と話す。

無断転載禁止
758620 0 テクノロジー 2019/08/23 14:25:00 2019/08/23 18:07:12 2019/08/23 18:07:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190823-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ