土石流の前兆、数分前に「異臭」…住宅地に到達か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年7月の西日本豪雨の際、土石流の前兆現象とされる異臭が、最初に斜面が崩れてから4~5分で、下流の住宅地に到達した可能性があると、被害を解析した広島大などのチームが明らかにした。チームは「臭いを感じたら、直ちに安全確保を」と呼び掛けている。

大規模な土石流に襲われた住宅地。前兆現象とみられる異臭を住民らが感じていた(昨年7月撮影、広島県竹原市で)=土田特任教授提供
大規模な土石流に襲われた住宅地。前兆現象とみられる異臭を住民らが感じていた(昨年7月撮影、広島県竹原市で)=土田特任教授提供

 土石流の発生前には場所によって、腐った土のような臭いがすることがある。チームは昨年7月6日夜に広島県東広島市と竹原市で複数回の土石流が起きた際、事前に住民らが異臭に気付いた場所があったことに着目した。

 異臭の原因として、山間部の土壌で微生物が有機物を分解し発生した硫化水素が斜面表層にたまったものと想定。最初の小規模な斜面崩壊で表層の硫化水素が空気中に拡散した場合、どのように土砂が動いたり、異臭が広がったりするのかを、地形や流出土砂量、周辺の風速などのデータを基にコンピューターで再現する実験を行った。

 その結果、斜面上部で最初に崩れた土砂は途中の緩斜面でいったん止まり、その土砂から硫化水素が発生。硫化水素は秒速1~1・5メートルで下流に広がり、4~5分で200~400メートル先の住宅地まで到達した。

 実際に、いずれの場所も住宅地に異臭が伝わった後、大きな土石流が発生。人的被害はなかったが、住宅や車などに被害が出た。住民が異臭に気付いてから数分以内に、大規模な土石流に襲われた場所もあった。

 チームの土田孝・広島大特任教授は「異臭はすべての土石流で起こるわけでないが、一定の条件では下流に到達しうることを示せた」と話す。

 伊藤英之・岩手県立大教授(自然災害科学)の話「前兆現象としての異臭を調べた先進的な研究といえる。住民避難の判断材料に異臭の有無が使えるかどうかは、さらにデータを集める必要がある」

無断転載禁止
763149 0 テクノロジー 2019/08/26 12:24:00 2019/08/26 13:29:48 2019/08/26 13:29:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190826-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ