はやぶさ2、小惑星リュウグウ上空で異常検知

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は3日、探査機はやぶさ2が先月29日、小惑星リュウグウの上空で異常を検知したと発表した。機体は3日時点で正常な状態に戻っており、地球に向けた帰還への影響はないとみられるという。

 はやぶさ2は搭載している小型ロボットを今月下旬以降にリュウグウへ落とす予定で、先月29日は準備作業の最中だった。姿勢を制御する4個の装置のうち、予備用の1個が異常を示した。

無断転載禁止
777705 0 テクノロジー 2019/09/03 23:24:00 2019/09/03 23:24:00 2019/09/03 23:24:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ