13日の「中秋の名月」やや小ぶりに…実感難しいかも

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 旧暦8月15日にあたる13日の「中秋の名月」は、やや小ぶりとなる。翌14日の満月は見かけ上の大きさが今年最小で、13日もほぼ同じサイズ。天候に恵まれれば、例年より控えめな名月を眺めることになりそうだ。

 月は地球の周りを長円形の軌道で回っており、近付くと大きく、遠ざかると小さく見える。国立天文台によると、地球と月の平均的な距離は約38万4000キロ・メートルだが、14日は40万6000キロ・メートルまで離れ、今年最も小さく見える満月となる。見た目の直径は今年最大となった2月20日の満月の88%ほどになるという。

 ただ、国立天文台によると、中空に昇った月の周囲には大きさを比較できる物がないため、違いを実感するのは難しいという。担当者は「大小にとらわれすぎず、月の美しさを楽しんでほしい」と話している。

無断転載禁止
786964 0 テクノロジー 2019/09/10 10:33:00 2019/09/10 13:35:10 2019/09/10 13:35:10 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190910-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ