IAEA総会、日本と韓国が「処理水」で論戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ウィーン=石崎伸生】国際原子力機関(IAEA)の総会で16日、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う汚染水を浄化した「処理水」の扱いを巡り、日本と韓国が論戦を繰り広げた。

 竹本科学技術相は総会の演説で、「汚染水対策に対し、事実や科学的根拠に基づかない批判を受けることもある」と述べ、「公正かつ理性的な議論を行うよう強く望む」と訴えた。

 その後に演説した韓国の科学技術情報通信省の文美玉第1次官は、日本の原田義昭・前環境相が処理水について「海へ放出して希釈するしか選択肢はないと思う」と発言したことに触れ、「海に放出されれば、日本の国内問題ではなく、世界の海洋の環境に影響を及ぼす深刻な国際問題になる」と述べた。

 これに対し、日本側は「海への放出が前提のようになっており、事実に基づいておらず、受け入れられない」と反論した。

無断転載禁止
799224 0 テクノロジー 2019/09/17 10:08:00 2019/09/17 11:18:13 2019/09/17 11:18:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ